プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

ブログ担当の大学です。
リビングダイニング簾の最新情報やスタッフの紹介などしていきますので
よろしくお願いしま~す!

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2008年4月 | メイン | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月25日 (日)

試飲会にて

先日、いつも大変お世話になっている業者さんにて

ワインの試飲会に行ってまいりましたsun

今回は

フランスのブルゴーニュのワインがメインで

大当たりflair

2005年ヴィンテージが多数note

グラスから立ち上る

木苺やサクランボ、スミレの香りに圧倒sign03

タンニンが柔らかく、なめらかで

ミネラルに支えられた複雑な味わい

本当に素晴らしいワインばかりでしたup

その中でも個人的には

ニコラ・ポテル

ジュブレ・シャンベルタンがグットでしたscissors

まもなく当店でも

お目見えいたしますので

ぜひぜひ、お試しくださいね~paper

2008年5月 5日 (月)

絶好調☆自然派ワイン

 昨日も自然派ワインをたくさんのお客様に楽しんでいただけましたnote


 一押しはsign03フランス・ロワール地方・・・


 

     shine『 ラ・テニエール 』shine


    

 ティエリー・ピュズラが手がける自然派白ワイン。

 酸化防止剤を使用していない為、ほんのり微発泡ですflair
 ( 天然のガスが発生しワインを劣化から守ってくれるんです。)

 爽やかでフルーティーな辛口ワインにはやはりシーフードが1番up

 
 わたくし、ダイガクのおすすめは

 『 ほやとフルーツトマトのカプレーゼheart02

 レモンを搾って仕上げにシチリア産オリーブオイル( 写真右です。)をかけると

 あら不思議 青いトマトの香りがプラスされて・・・おいしーいupup


 店長代理の阿部さんは

 「このオリーブオイルだけでワインが飲めるnote」と断言sign03

 ・・・酒豪ですね阿部さんsweat02

2008年5月 4日 (日)

“フランス”と“気仙沼”が・・・・・・出会った

 本日も晴天なりsun いやーホントに暖かいですねーnote

 
 ・・・と言うところで

 宮城県 気仙沼より『 真カキshine届きましたship

 磯の香り、クリーミーな食感・・・もうたまりませんup


 よくカキにはシャブリ(フランス ブルゴーニュ地方の白ワイン)が
 マリアージュheart02と言われていますが・・・

 リビ簾では自然派“アリゴテ”がおすすめflair

 シャブリと同じ土壌で造られた白ワインなのでカキにピッタリup

              でも・・・


 そもそもどうしてシャブリとカキが合うのsign02sign02sign02

              その答えは

              ・・・

              ・・・・・・

              ・・・・・・・・・・

 リビ簾スタッフ 鈴木 航 主任 に聞いてくださいear

2008年5月 3日 (土)

今年は長い?短い?


 皆さんもうはゴールデンウィークsunに入ったのでしょうか?

 長期のお休みで県外から仙台にいらっしゃる方も多いと思いますがbullettrain

 リビ簾にいらしたら是非【 佐助豚 】食べてってくださいsign03

 

         “肉質”が違いますshine

         “脂”がたまんないですup


          おすすめは・・・

 
 
 【骨付きロース350gオーブンローストheart01

 

 ボリュームたっぷりnoteお肉本来の味が際立ちますflair


 一緒に楽しむお酒は“自然派ワインbar

 今夜の晩酌は“自然派白ワイン”と“佐助豚”できまりnotenote

肉専門ワイン酒場 MEAT MAN 仙台2号 のサービス一覧

シェフ紹介:
BEST OF MENU
肉専門ワイン酒場 MEAT MAN 仙台2号