プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

ブログ担当の大学です。
リビングダイニング簾の最新情報やスタッフの紹介などしていきますので
よろしくお願いしま~す!

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年9月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月27日 (火)

お知らせ

当店

11月より

閉店時間が

変わりますflair

金・土曜日を除き

25時までの営業でしたが

終日27時までの

営業となりますscissors

お料理の

ラストオーダーは26時ですbleah


今まで

平日の遅い時間

ごゆっくりと

お過ごし

いただけなかった

お客様

これからは

ごゆっくりと

お過ごしくださいねsunsunsun


美味しい

お酒beerとお料理restaurant

ご用意して

お待ちしてま~すpaper


2009年10月22日 (木)

イタリア3日目

3日目は

シチリアを出発

イタリア本島へ

フェリーにて移動ship


船から見える

街並み

透き通った海が

とっても素敵shineshineshine


20分程で

カラブリア州の

ヴィッラサンジョバンニへ到着

(イタリアの地図をブーツに例えると

 ちょうど土踏まずの辺りにあります)

カラブリア州は

唐辛子の名産地として有名でありますscissors

某ワイン漫画に

キムチにマリアージュするワイン

として登場した事も


フェリーを降り

そこからバス移動

のはずが。。。

エンジントラブル発生sweat02

バスが動きませんsign03

乗客皆でバスを降り押しがけdash

やっと

エンジンかかりました~sweat01sweat01

そこからは

バスも順調に走り

美しい海岸線を眺めながら

バスに揺られること

3時間

本日のランチ場所へ到着


2009年10月21日 (水)

2日目午後


イタリア

2日目午後

宿泊したホテルの

レストランで夕食restaurant

このホテルは

ジャン・レノの

出世作

グランブルー

撮影にも使われたという

とても豪華なホテルですshineshineshine


料理ひとつひとつが

とても美味しく

リビ簾でも

早速メニューに取り入れたいと思いますscissors

(1、2日目はデジカメの扱いがイマイチ解らず

 画像がぶれていますがご了承くださいweep



地中海を一望できる

とっても素敵な

ホテル

イタリア旅行の中でも

ピカ一でしたpaper

2009年10月18日 (日)

山梨へ

先日

リビ簾の

ホールリーダー

石岡サンが

山梨の

サントリー

登美の丘ワイナリーへ

見学に行ってきましたbullettraindash


ブドウ園やワイナリー

造り手の方の

ブドウやワインに対する

熱い気持ちに

大変感銘を受けたそうですshineshineshine

日本ワインの成長に

世界が注目する昨今

そんな時代に

生きている事に

幸せを感じた旅scissors

午後は

東京のワインバーをはしご

ちなみに

石岡さんは

左から2人目で~すsunsunsun


武田信玄とも

記念撮影

2009年10月15日 (木)

イタリア 2日目

2日目は

シチリアの南に移動し

タオルミーナの町へ

まずは

シチリアの名物

ブラットオレンジ

血のように赤い実が

名前の由来

通常のオレンジよりも酸味が強いのが特徴flair


オランフリーゼル社

契約農家のブラットオレンジ畑

ほぼ全てがブラットオレンジの木で

必要最低限の農薬しか使わないこだわり

実はまだ緑色ですが

1月~4月の寒い時期に

実が赤くなり、収穫するとの事

山にはオリーブの木や

サボテンなども植えてあり

サボテンは前日の

レストランで頂きましたが

食べれる種が多く入っており

食感は若干モソモソしていますが

梨のような淡い味で美味でしたよnote

人生初体験の

サボテンでしたscissors

2009年10月12日 (月)

イタリア 1日目午後

今日の午後は

アンチョビ工場のある

バリストレーリ社を訪問



新鮮なイワシが入荷した時しか作らない

こだわりようで

工場では20人のマンマ

慣れた手つきで作業し

特にアンチョビをビンに詰める速さは

神業でしたdash

「伝説では、イワシは星の家族と言われ
 
 品質の良いイワシは星のようにキラキラしているんだ」

オーナー・ミケランジェロ氏が

熱く語ってくれましたup

その後、オーナーの知人レストランへ



魚貝のグリルに

白身のカルパッチョ

カルパッチョの上には

日本のものより色の淡いザクロがのせてあり

美味


地元のミュージシャンも

飛び入りで参加し


盛り上がりましたscissors

このほかにも

沢山の料理がテーブルに並び

かなり

お腹が満腹になりましたsunsunsun

1日目から

最高ですpaper

2009年10月10日 (土)

帰りました

イタリア旅行より

帰りましたdash

1日目午前

シチリアの州都パレルモ

広大な山々を従えた天然の良港で知られています

市内には大きな市場が3つあり

そのうちの1つカーポ広場

八百屋に魚屋、肉屋、雑貨屋が立ち並び

特に目を引いたのが

色鮮やかな野菜の数々

近くにシチリア名物パニーノを発見

ゴマ入りパンフラッタイエ

トリッパの煮込みをはさんだシンプルなもので

飛ぶように売れていましたup

カットレモンを好みでかけるのがシチリア流

shineう~ん美味shine

パニーノ売りのおじさんと一緒にパチリcamera

次回は午後編で~すpaper

肉専門ワイン酒場 MEAT MAN 仙台2号 のサービス一覧

シェフ紹介:
BEST OF MENU
肉専門ワイン酒場 MEAT MAN 仙台2号